新しい年を迎えると人は一連発起して何かを始めようとする。
昨年の秋にお見合いして交際に発展していた会員からの報告。
「真剣交際を受けました」
真剣交際?
聞きなれない言葉ですね。
今までが遊びだったといううことではありません。
お見合いの世界では一度会って「いいな」とお互いが思うと交際成立となります。
しかしこれが世間一般にいう「おつきあい」ではないのです。
1度だとよくわからない、もう一度会ってみようかな、まだ話してみたいな、、、
理由は何であれ、再会するためには「交際成立」しないと実現しないのです。
以降、お互いはお互いを探ります。
確認するのです。
数回会ったのちに真剣交際の話になります。
これが「私とつきあってもらえませんか?」というもの。

ここからは早いですよ。
もともと結婚したい男女が、結婚を意識して会い、結婚を意識してデートし、結婚を意識して意思表示したのですから。
私の経験ではうまく行く場合、3か月後には婚約です。

さてさて、このカップルはどうなりますかね?

いや、うまくいくんです。
そのために私は仲人士という職を務めているのです。